CEEYS / Portrait by Mizuki Kin Tachibana

Interview: ARI MATSUOKA

Date of interview: 27 July, 2020

Globalization is supposed to create a world where national “borders” become increasingly permeable and irrelevant, but, ironically, the world as we see it is crisscrossed with dividing lines. Our world today is full of divisions due to racial, religious, economic, generational and various other factors.

What should the new “border” be treated 31 years after the fall of the Berlin Wall?
The brother duo artist “CEEYS”, who works in Potsdam, Germany, released the album “WÆNDE” in 2018. What you can see and what you can’t see. We and them have a common theme. We talked to them about the “border” that knows about Germany, which is divided into east and west.

CEEYS / Portrait by Roman Koblov

Q1. First of all, please introduce yourself (such as your brothers doing music activities).

We are Brueder Selke, Sebastian on cello and Daniel on piano, and we mainly release under the alias CEEYS. Growing up on the streets of Berlin during the last decade of the Communist-era German Democratic Republic we lived behind the Iron Curtain. It’s something we carry with us into our music – through thoughts, atmospheres and architectural references.
Today we are about bringing open-minded, live music formats to our new home of Potsdam near the world-famous film town Babelsberg just less then an hour away from Berlin. Here we invite artists from across the world to not only play with us on stage but also to help create a special bond between their avant-garde, pop music styles and Potsdam’s diverse, historic and diverse architecture from neoclassical palaces to Communist-era Plattenbau. As well as being our new home, we built our new recording space in Potsdam – Klingentha Studio. Driven by our deeply rooted compulsion to improvise, along with experimenting with cello and piano, we also create using traditional instruments from the socialist era. Sebastian recently added a new cello to his setup which came from Klingenthal, one of the four infamous places in the Saxon “Musikwinkel” – German for “musical corner” – of the Vogtlandkreis.

Q2. Please tell me about the origin of the CEEYS name.

It might appear a little cryptic at first, but we actually found it be very organic as long as you understand our way with music and history. The easiest way is to understand that it is the bringing together of cello and the keys.
With cello in the beginning it seems to be spelled like “cheese” but we keep this for photo sessions – just smile. Cello takes its name from the French “violoncelle” and as kids we were very impressed by the French electronic music scene.
Daniel on the other side not only plays the piano but all kinds of keyboard instruments. And Sebastian adds some bass and kick modules too. but here is also another aspect of the name: While growing up we early listened a lot to Reinhard Lakomy´s Der Traumzauberbaum, a record for children.
This inspired us a lot, and soon we noticed East German rock groups like Toni Krahl’s CITY, which was full of violin, and the duo KEY who just used western synthesisers. This then helped us with the name, taking cues from both CITY and KEY.

City – Am Fenster Videoclip 1978

The music of CS not only reveals an intimate dialogue between artist and instrument but it can, amongst other interpretations, also be seen as a recognition and continuation of those musical experiments that emerged in the former GDR. One of these other interpretations is its communicative moment. Understanding our concept helps like-minded fans discover more than just the music; it can be an essential experience and prove to be more enriching.
Plus, notice that our last name Selke matches with our other five-letter artistic name CEEYS, listen to SEAS or SEES or short cut CEEYS to CS, and just feel inspired by it all.

CEEYS – Zanzibar (Official Music Video) | WÆNDE

Q3 When in 1989, the Berlin Wall was torn down, you were still a young kid. In 2018 you released the album “WÆNDE” which means something like “Walls” in German. I somehow got the impression, that it deals with your feelings towards “Borders” during the separation of Berlin in east and west. Could you tell us in detail about the story behind this album?

Walls, or WÆNDE in German, have shaped us from the very day we were born – both historically and musically.
Back then in our Hellersdorf prefab building, we could hear each other practise our instruments through the paper thin walls of our childhood bedrooms. The same was true for the neighbours above and below us. So in these times of walls, they kept on knocking – not exactly with musicality but with all the more passion – in their very own
rhythm onto radiators, their apartment floors or the ceiling.
The sudden fall of the Berlin Wall, or WÆNDE was not only a historic turning point it changed our whole life. Growing up in the last decade of the former GDR, restrictions and the overcoming of material lack were our daily companions. The memories, impressions and feelings, the two sides of one medal – the Wall – help us to understand the present time a little better.
The music helped us to find our way as we always dreamed of making an album about these times.

CEEYS – Hiddensee (Official Music Video)

Q4 In your works, you are not solely relying on music, but also on self-made pictures and images to visualize your expressions. One could say, that you are using a double layered approach in your works. What do you think, we humans can gain from art, music, literature or pictures? How can we grasp something from a uncertain world?  

None of us really know why we are here on this little planet. It seems to be more about a feeling and our reflections.
For us art, literature, pictures, and music are part of our universal language to show our impressions and emotions while living in this one cosmos, in this one moment. We hope that one part of our puzzled language will reach people and helps them to understand their world a little better as well. We were encouraged to play from a preschool age by our parents, Gabriele Selke – an actress and Harald Selke – a radio presenter. We went on to formally study music, with Sebastian graduating from ‘Hanns Eisler’ Berlin and Daniel from ‘Felix Mendelssohn Bartholdy’ Leipzig. We still remember the one sentence by Hanns Eisler printed in the foyer of the Hochschule: “Wer nur etwas von Musik versteht, versteht auch von Musik nichts.“ (Who only knows something about music, also knows nothing about music.)
We’re also planning an exhibition of our album-accompanying photographs. The cover and inside artwork of our album sleeves, for the most part, introduce images from our photo session in 2015.
It’s a short series of a typical prefab building that were very common during that time. Convoluted, contorted, anonymous, including not only a vast number of balconies but also enormous mosaics on the buildings’ sides.
The images were shot present day, using – with some professional guidance – original cameras from that time.

The cover of our LP “HIDDENSEE”, a sort of travel album, presents the same apartment block from an ambiguous perspective, such that it resembles both a ship’s bow and a mountain.
The special edition, limited to 100 vinyl copies, was released with a silkscreen-printed collection of 12 postcards – to match the number of tracks on the album. These cards were produced using a Risograph printer and show motifs of the island of Hiddensee from a home video from 1986.

While the video was filmed on an original AG8 handheld camera from the then CSSR, the ecologically friendly Risography was taken from Japan (the Far East).

Q5 Could you tell us about your newest project or future plans? Are currently working on something?
Thank you for this question, as we love to talk about future projects. Here our dreams can fly with hope as the main inspirational motor.
This chapter starts with the impact COVID-19 has had on our ideas, projects and formats. Earlier this year we wanted to celebrate the fourth edition of “Q3Ambientfest” with a special lineup that would have seen us collaborating with Peter Broderick´s duo project Constant Presence, alongside Daniel O’Sullivan. We released a beautiful handmade 10-inch vinyl via Gregory Euclide`s beautiful Thesis Project called Thesis 17. The plan was to share the stage at this year’s festival and later present the record personally to the audience.
We also invited 18 other beautiful artists and friends but due to
the worldwide pandemic many had to cancel their flights. But this is no time for resignation. As mentioned above we already learned to work with limitations and restrictions and soon we started with the reschedule. Q3Ambientfest has been postponed to 2021 and we already started to love the constellation of year numbers.

CEEYS – Q3Ambientfest 2019 (Official Aftermovie)

As two brothers and with the concept of a dividing Wall, we love everything about the number two. Our acoustic cello-piano double album is announced for fall 2020. We are also about to release for the first time under our own name, as Brueder Selke. There are many different projects we would love to present and this step seems obvious for us to spread the word even a little bit more.

One example is our upcoming collaboration with LANDR, a Canadian platform for unique music services. They invited us to release some
individual sample packs based on our restored East European synthesisers we‘ve collected for over 20 years. We are more then proud and have always wanted to make packs to share with musicians of all genres.
We love to share our whole work from samples, to reworks, to the stage. It is our main focus for what music should stand for today and after the first devastating images of COVID-19 going across Italy, it was by no accident that you saw Italian people sharing music from balcony to balcony. It is the very essence of music.

CEEYS / Portrait by Mizuki Kin Tachibana

Q6 Up until now, the year 2020 was a year with lots of news and changes. Especially artists now face a strong conflict between society and themselves or their position and influence in it, while constantly trying to find new ways of “art” by trails and error. In midst of this difficult situation, what do you think is the most important thing artists should do in the next generation to “break through to the future”?

Music will remain the very essence for many aspects in life. It is the only thing we as Brueder Selke can do to express our ideas and to connect with people around the world. With our music we are still in touch with many friends around the globe planning new shows and collaborations, and using the free time to recalibrate our creative engines. And to be honest, before the crisis we sometimes had a feeling of a collapsing world. For us it just was a question of time. Everything went faster and faster, more and more, louder and even louder. It sucked a little bit-yes. We had to postpone our boutique festival and it hurts our soul. But we now used the time to record our new record HAUSMUSIK and to discover a new release perspective. Just take the limitations as they come and you will find to your essence.
There is a time where the best thing you could do from running is to stop.


CEEYS

New Single “Im Fenster” 

Spotify,YouTube Music,available now on platforms!

CEEYS – Im Fenster (Official Music Video) | HAUSMUSIK
Spotify – CEEYS “Im Fenster”

Official Webpage


words : ARI MATSUOKA

ベルリンの壁が崩壊した1989年以降、物凄い早さで急成長を遂げるこの街には、今もなお未開発の廃墟が沢山存在している。ベルリンでは新旧の建造物が共存する魅力的な街でもあるが、やはり建物自体の寿命には敵わない。私自身、移民としてベルリンで過ごした1年間のあいだにも、老朽化したアパートや建造物が惜しまれながらも取り壊されていく瞬間を何度も目の当たりにした。

最近だと、ミッテ地区にあった「タへレス」というアートハウス(スクワット)が跡形もなく無くなってしまった。ベルリンアートのシンボルだったタへレスは、2012年の閉鎖以降、建物こそ存在を残していたが、私がこの街へやってきた2019年の夏、その面影はあっという間に消えてしまった。

こうして次々と現代に均されていく中、西ベルリンの小高い山の上にあるトイフェルスベルク元スパイ塔跡地にて、ベルリンで活動するダシャ・ラッシュがレコーディング実験を行うということで現地へ向かった。

【MOLS.tv】Sounds to scape at Teufelsberg Spy Tower
photo by.DOTS Gallery Webpage

「悪魔の山」と呼ばれるトイフェルスベルクは、第二次世界大戦の爆撃で廃墟になったベルリンの瓦礫を集め、それらを積み上げてつくられた人工的な山。冷戦時代にアメリカ軍とイギリス軍が、東ドイツ、さらにはソ連の無線傍受に適しているとして、西側諸国が諜報目的でレーダーを設置した。かつては盗聴用として建設されたスパイ基地だが、ベルリンのアーティストや音楽関係者たちはその特徴的なドーム型の空間に目をつけ、新たなサウンドスペースへと変貌させたのだ。

8月16日、この日のレコーディング実験は、出演者及び関係者からのダイレクトメッセージで招待されたものだけが参加出来るというパーソナルなイベントだった。駅から会場までは徒歩で約30分、西と東が資本主義と社会主義によって分断されていた当時を思わせる、その異様なドーム型の物体を目指して山の頂上へと向かっていった。

このイベントはドッツ・ギャラリーが主催しており、不定期で建物全体を使ったサウンドパフォーマンスやインスタレーションを行なっている。

上部にあるドームは、いわば自然な放物型のリバーブチャンバーとして用いられ、何百メートルもの音響ケーブルを使用し本館1階にあるドッツ・ギャラリーの録音スペースからドームへと音楽が送られる。ドーム内へ送られた音響信号はL/Rのスピーカーで再生され、その反響音が2つのマイクで録音され1階にある録音スペースへと返されるという仕組みになっている。

光の屈折と同様、音に関しても広い空間と狭い空間では音の鳴り方が異なり、空間に存在するオブジェクトの材質などによっても変化してくる。今回着目する点は、そのオブジェクト(元スパイ塔跡地)とドームを使った反響音(リバーブ)である。ループした同じ音源にも、リバーブを加えることによって音全体の肉付きが良くなり、艶っぽい印象を与えてくれる。アンビエントやエクスペリメンタルミュージックのライブパフォーマンスを専門とするサウンドアーティストたちにとって、音響空間表現を熟知することは非常に重要なことなのだ。

写真ではわかりにくいが、大きく開いた扉の奥にはドッツ・ギャラリーの録音スペースがあり、ダシャ・ラッシュとオペラ歌手のサロミエがパフォーマンスし、観客は目の前に設置されたオリジナルスピーカーから流れる幻想的な音響空間を楽しむ。

正直かなりマニアックな実験パフォーマンスだと思ったが、観客の中にはアーティストや音楽業界で活躍する人たちの姿が多く見えた。

会場で使用される機材はほとんどが自作のもので、写真のようなカートと一体となった移動式スピーカーが左右に2台設置されていて、左側のスピーカーからは録音スペースからリアルタイムで送られる音が流れ、右側のスピーカーからはドーム内へ送られ反響して返ってきた音が流れる仕組みになっている。

Dasha Rush, photo by. MOLS magazine

この日のメインアクトであったダシャは、自身のレーベル「フルパンダ・レコード」を主宰するDJ/プロデューサーであり、アーティストやダンサーと共に劇場や映画館などでインスタレーションを開くなど、より実験的で芸術的なサウンドアーティストとしても活動している。

今年はコロナウイルスの影響もあり、世界各国で音楽フェスや大きな野外イベントは軒並み中止。ベルリン市内では、未だライブハウスやクラブハウスの営業規制が厳しい状況にある中、常に音楽とその他芸術表現の融合を研究し続けるベルリンのアーティストたちの強い意志と実行力を目の当たりにした。ベルリンで活動するアーティストたちは、既にニューノーマルな時代へ突入していくこと受け入れている。寧ろ、コロナウイルスの猛威について未だ議論を交わしている人は少なく、自然環境問題や貧困国の食料不安など、更に大きなテーマについて真剣に考え訴えかけるような動きを見せているように感じる。

NASAは時々、宇宙からやってくる電波の振動を音に変換したデータを公開しており、音楽家ブライアン・イーノは天体物理学者と組んで星の内部で発生した音で宇宙オーケストラを作ろうとしている。これからの時代は、ただ流行りを追うものではなく、私たちの日々の暮らしに関係する言葉や雑音、自然音に寄り添うようなサウンドが求められるだろう。


Dasha Rush

Official Webpage

Instagram

Alexandra Pyatkova

YouTube

DOTS Gallery

Official Webpage

Instagram


Interview: ARI MATSUOKA

Date of interview: 14 July, 2020

アメリカ・ニューヨークは世界で最もコロナウイルスのパンデミックに苦しんでいる。誰もが2メートルの距離を保ちながら立ち話しをするニューノーマルな時代へと変容し、家族や恋人、親しい友人とも気軽に会うことが許されなくなった。そんな中、ジョージ・フロイドの殺害から始まったBLM運動は未だ活発に行われており、私たち人間は社会の断片化ではなく更なる連帯が必要な状況だといえる。

ハウス、アンビエント、ダウンテンポ、トラップ。ニューヨーク在住 @offthescene_ のプロデューサー兼創設者である Furozh は、音楽スタイルを柔軟に変更してDJミックスのように聴かせることが出来るトラックメーカーだ。

分裂と格差がコロナウイルスの噴火によって明らかにされたニューヨーク。 市の現状について困難な状況の中、彼にメールでインタビューをした。

Furozh “Late Night Drives “

Q1 出身地を教えてください。 

ニューヨーク・バーノン出身。


Q2 ニューヨークでは最近、3ヶ月続いたコロナウイルスによるロックダウンが解除されました(6月20日のインタビュー時)。人種差別デモの最中で、ニューヨークの街の様子や住んでいる人々の様子はどうですか?また、”curfew”制度とはなんですか?

多くの住民が、人種差別の問題よりも、コロナパンデミックによる生活への不安の方が気持ちも大きかったと思う。その中で起きた人種差別デモ(以下BLM運動)に参加する人々の中には、アメリカ政府に対する不満や、情勢への不安をただ発散するためだけに暴動を起こす者も多くいた気がするな。

ニューヨークでBLM運動が起きる以前やその最中も、罪のない黒人が殺されているという事実は変わらない。そして、デモが過激化することによって、アメリカに住む黒人たちが危険にさらされているということも事実なんだ。

“curfew(カーフュー)”とは、一般市民に対して公権力の行使として例外的な場合を除き夜間の外出を禁止するという意味で、ニューヨーク各地で実行されたもの。住民の安全を確保するためのもだと政府や警察は言っていたけど、実際のところは、僕たちニューヨークで暮らす市民たちの発言や正義を探し求める行動を抑制しているようにも感じたよ。

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q3 昼間のデモに参加している人たちと、夜間のデモに参加している人たちでは活動内容や人種に違いは見られますか? 

昼間に行われるデモは家族連れや年配の方など、平和的で落ち着きがあり、それこそ”政治運動”と呼べるものだった。ただ、実際に見られている人数や参加している人数の規模は夜間の方が多くて、その大多数は若者たちによってデモが行われていたよ。人々の通勤時間や外出時間によって、年齢や人種は違っているように見えたかな。


Q4 あなたがニューヨークに住んでいて感じる差別はありますか?人種に問わず、セクシャル、宗教、世界観問いません。

勿論!

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q5 私は有色人種という言葉が好きではありません。特に肌の色で不正に扱われることがあってはいけないと感じます。アメリカでここまでBLM運動が暴徒化してしまった理由はなんだったと思いますか?

それはアメリカの国民が皆んな疲れているからだと思うな…。僕たちは何年もの間、この馬鹿げた運動にうんざりしているよ。多民族国家アメリカで暮らす有色人種と呼ばれる人々は、肌の色が異なるだけで殺されているという事実から目を逸らすことはない。

実際に僕自身もBLM運動に参加していたけど、アメリカ政府は黒人が肌で感じている不安や恐怖を本当の意味で理解していないように感じた。もし自分が違った人種で生まれていたら、この状況を見て一体どう感じるのだろうって色々考えることもあったよ。

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q6 ロックダウン後、音楽活動にどう影響がありましたか? 

僕は自分自身を保つことが一番大切だと思っている。家族や周りの友人たちは「それが一番良いことだ」と言ってくれたけど、30歳黒人男性の一人として、今の現状で音楽活動を続けていくことは足踏み状態みたいで、正直苦しい時間だね。

人種差別は継続的に繰り返されている。黒人の奴隷制度は終わっていないし、教科書は、なぜ黒人への奴隷制度が適応されたのか、どうして未だにこの制度が終わらなかったのか、真実を述べたことはないし教えてもらったことはない。昔はKKKという白人至上主義者の団体による黒人狩りも日常的にあったし、今もなお、アメリカで生きる黒人が怯えて暮らさなきゃいけなくて、黒人は白人と心から安堵して話すことさえできないと感じている人もいる。

僕にとって音楽活動を続けることは、今世界でどのようなニュースが報道されているのか、真実のメッセージを強く届けるためにとても役立っているんだ。

PUBLIC ENEMY – State Of The Union (STFU) featuring DJ PREMIER
YouTube – CAPITAL STEEZ – Apex (OFFICIAL VIDEO)
KRS-One – Sound of da Police (Official Video)

Nas、public enemy、Mos Def、prodigy、KRS-one、ab-soul、CAPITAL STEEZ、2pac、etc…僕は尊敬する黒人アーティストから沢山のことを学んだよ。これらのアーティストは、黒人であるがゆえの心境や感じたことを覚悟と信念を持って発信していて、僕も今置かれた状況に決して目を背けず、しっかり受け止めようと思ったよ。

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q7 以前、アメリカのBLM運動の報道をニュースで見ました。彼らは暴動ではなく、ダンスや音楽で”平和的”な解決を求めていました。アメリカのデモを通して、あなたは音楽でどのようなメッセージを伝えたいですか?また、この問題を機に自身が変わった部分はありますか?

僕が伝えたいことはこの事件が起きた今も昔も変わらないよ。唯一変わったことと言えば、音楽制作の環境を今以上に整えようと思ったことかな。コロナウイルスでのロックダウンやBLM運動を通じて、自分と考え方や向いている方向が違うなと思った人とは反論せずにうまく距離を取れるようになったし、そのような人たちに囲まれることも無くなったよ。


Q8 ニューヨークで音楽活動を続ける理由はなんですか?

この街は僕が音楽を始めるきっかけをくれた場所だし、僕が音楽を続ける理由を毎日思い出させてくれる場所なんだ。

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh

 
Q9 人種、ウイルスによる国境封鎖、2020年は境界(Border)について考えさせられることが多い年のように感じます。”BORDER”という文字を見て、今感じることや思うことはありますか?

平等な社会はまだまだ遠く、世界は分離しているように感じるかな。


Q10 最後に、これからもニューヨークで音楽活動を続けていきますか?

はい、勿論!


”BLM運動”の影で、新型コロナウイルスの感染拡大によるアジア系住民への憎悪犯罪(ヘイトクライム)も残念ながらアメリカのみならず、ヨーロッパでも増加している。ニューヨーク市では2020年3月から8月にかけ、計21件のアジア系住民への憎悪犯罪を摘発した。昨年の1月から8月までアジア系への憎悪犯罪は3件だったことを見比べると、情勢が激変しいている最中とはいえ、少なからずアジア人やアジアにルーツを持つ人々への攻撃が拡大していると言える。

私たちは、自分と似たような境遇や世界観や人種で、沢山の小さなコミュニティーを作りがちだ。特定のグループへの安易な恐れや嫌悪が、社会の分断をさらに進める可能性があることを私たちはもっと認知するべきなのかもしれない。


Furozh New Album “SET ME FREE”

Spotify,Apple Music,available now on all platforms!

Furozh Official Webpage
Furozh on Spotify


Interview: ARI MATSUOKA

Date of interview: 14 July, 2020

New York, USA suffers from the most coronavirus pandemic in the world. Transforming into a new normal era where everyone can stand up to a distance of 2 meters and easily meet family, lovers, and close friends It seems that we human beings need more solidarity rather than fragmentation of society.

House, ambient, down tempo, traps… Furozh, a producer and founder of @offthescene_ in New York, who can change the music style flexibly and make it listen like a DJ mix.

New York, where divisions and disparities were revealed by the Coronal Eruption. We interviewed him about the current situation in the city.

Furozh “Late Night Drives “

Q1 Could you tell us, where are you from? 
I’m from Mt. Vernon , New York .


Q2 Just recently, New York City lifted its three month lasting “Corona virus” lockdown order. What do the people feel and how do the the streets in New York look like during the mass demonstrations? 
Could you also explain, what the term “curfew” means? 

I feel like the majority of the people feel like the lockdown is a distraction that everything is quote on quote “back to normal” in general and no one is taking precaution. During these times it doesn’t change the fact black people are being killed, and its shifting people’s minds. The fact that people are protesting and speaking out are the ones on the front line and putting their safety at risk .The curfew was more to diminish the ones from speaking out and doing what has to be done to see the change that we deserve.

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q3 Do you feel any differences between the people taking part in the morning protests and those, who start demonstrating at night? 
The only difference is that the am protest is more peaceful and more chill, and the night time ones they are those more seen, because it’s rush hour time and everyone is actually being seen & heard. I believe that we need both (looters & protesters) because we do need both to get our point across. & demand what is right.


Q4 Do you think there is discrimination in NYC? Not only limited to racial discrimination but also sexual, religious or political discrimination.
Yes of course ! 

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q5 Personally, I do not like the term “people of color”. People, under no circumstances should be treated differently because of their skin color. 
What do you think is the reason, the american protest against racial discrimination heated up and got so violent?
 
Because people are tired! We are tired of the same shit… but if you want to say quote on quote Americans of any ethnicity, everyone is tired of what’s going and those that are protesting are aware that black people are continuously being killed for being black. While I protesting I thought of how would my life be if I was different because I feel like no one will ever understand or feel what a black person feels in America.

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q6 In which way did the NYC lockdown influenced your activities as a musician and artist? 
In a negative way it puts me in a stay of mind where this is the shit that I heard from older family members and friends and now as a 30 year old black man in America, it’s crazy how I’m seeing the same thing but it’s like two steps forward and two steps back. It’s a continuous cycle. Slavery has never ended and how the school has never stated facts about how slavery hasn’t ended. Like people need to stop mentioning about 400 years ago let talk about The facts about how 50 years ago, which may sound as long but isn’t the same thing has been happening. Black were restricted from white owned places. Black not being able to even speak to a white person without being precarious.
It helped me push the message more because since I started making music my message has been all about what is happening in the present times.

PUBLIC ENEMY – State Of The Union (STFU) featuring DJ PREMIER
YouTube – CAPITAL STEEZ – Apex (OFFICIAL VIDEO)
KRS-One – Sound of da Police (Official Video)

I’ve learned by listening to some of my favorite artists like: Nas, public enemy, Mos Def, prodigy, Krs-one-, ab-soul, CAPITAL STEEZ, Tupac & many more. So once I knew it was like minded people that understood and had a vision of the things I felt and thought, I went harder with my message.

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh


Q7 One day, I watched an american demonstration on TV. The protestors demonstrated not with vandalism and violence, but with music and dance, as they supported a peaceful way to solve the problems. 
What message do you want deliver through your music during the demonstrations? Do you think the recent events changed you? 
 
No, I believe my message as being the same. The only that has changed me is being more comfortable with making the music that I make. Back then people would question why I was doing what I was doing which made me feel like I had to stop speaking to them and surrounding myself with those kind of people.


Q8 What is the reason behind your decision, to keep on being active in NYC? What fascinates you you most in NYC? 
What keeps me active is like the daily reminder of my message.

Furozh Interview “SAY NO TO RACISM WE ARE ALL HUMAN” photo by.Furozh

 
Q9 Racial discrimination, the virus lockdown…seems like 2020 lets us think about borders. What do you feel and think when you see the term “BORDER”? 
I feel separation.


Q10 Last but not least, do you intend to stay in NYC and continue being active there? 
Yes most definitely. 


Furozh New Album “SET ME FREE”

Spotify,Apple Music,available now on all platforms!

Furozh Official Webpage
Furozh on Spotify


先日、ベルリンに住んでいて初めて湖に行った。

その日は6月だったけど気温は31度と夏日のようで、人生で初めてタンクトップ一枚で外へ出掛けた。逞しい二の腕をしているので、これまでキャミソールやタンクトップで周りの目を気にせず外出出来る人が羨ましかった。でも、この一年でいい意味で無駄な羞恥心も消え、他人の目を以前より気にしなくなってから、よし今だと腕を出して外に出た。たったこれだけのことなのに、私にとっては結構なチャレンジだった。海外に出てくる勇気があるのに、タンクトップを着て外を出歩けなかったなんて、ヘボくてなかなか言えなかったんですよね

電車を乗り継ぎ、湖の辺りまで徒歩も合わせて約2時間。Liepnitzseeという森の中の湖へ。

ベルリンの都心部にも遊泳できる湖は多いみたいだけど、その日は夏日。皆、きっと考えていることは一緒に違いない。小旅行気分で、1時間も電車に揺られていれば沢山の自然公園と出会える。そんなベルリンも、ようやく滞在1年目で知ることが出来たので単純に嬉しかった。

砂場に到着するなり、早速服を脱いで水着姿になる。水着で日光浴なんて、何年ぶりだろう。粒が細かい砂が指の間をさらさらと抜けて、10歩先の湖では水飛沫がキラキラと反射していてとても涼しそうで。

夕方5時頃、しばらく日光浴を楽しんだあと、水温が低くならないうちに泳いでみようよと湖に向かった。水は冷たかったけどめちゃくちゃ気持ち良くて、でもあっという間に足の届かない場所まで来てしまって、ビビリな私は岸の方でプカプカと浮かんでた。背中を水面につけて、空を見ながらただ漂うだけだったけど、自粛期間も少し明けたところ、いいリフレッシュが出来た。

多分20分くらいはプカプカ浮いていたと思う。体が冷えたところで再び砂浜に戻って、ただ横になってぼんやりする。紛れもなくバケーション、小学生の夏休みのようなひと時だった。

特にオチがないただの日記だけど、こんな感じで何も考えずに日帰り旅をしたことが嬉くて。

夏の時期にベルリンに来ることがあるなら、是非湖にピクニックもプランに入れて欲しい。日本の家族が来た時には、是非連れて行ってあげたいと思った。

人生で、どれほど本気の人間と出会ってきただろう。というか、本気でぶつかり合いたいと思える人間と出会えることが、人生で一体何回あるだろう。

過去、私に対して本気でぶつかってきてくれた人は数少ない。これまで自分のことを大事に出来ず、今思うと、その人達は私以上に私のことを想い、どこへ飛んでいくかわからない風船みたいで心配で堪らなかったんだと気付く。血の繋がりのない赤の他人に対してここまで本気でぶつかってきてくれる人は、限られた時間の中でそうそう出会えるものではない。

ぶつかり合うとは、結局は相手をどれほど信じているかということ。

”ぶつける”と”ぶつかり合う”という意味が混在しているうちは、なかなか人とのコミュニケーションも難しく考えてしまいがちだ。感情に任せ、ただただ破壊的にぶつかることは簡単でも、それでは相手との関係を築くことは出来ない。その場ですぐに結果が出ない場合が分かっていても、流動的にものごとをポジティブに捉えることが出来、相手とのこれからを見ていきたいと願うのであれば、建設的にぶつかることが出来るだろう。

これらは、私にとって一番避けてきたことであり、人とぶつかり合うなんて怖くて出来ないと思ってしまう性格だ。

では、言葉を変えて”こだわり合う”だとどうだろう。

ぶつかり合うよりは、こだわり合うと捉えた方が随分と気が楽になった。関係を一度も壊さずに大切にできれば一番いい事なんだけど、一度壊れたものを修繕したり、強化したりするほうが、愛着を持てたり、長く愛したいと思える気がする。相手の気持ちを尊重すると同時に、自分の気持ちを尊重できることが大切で、私はもっと保身に走らず、在りたい生き方に近づけるようになりたい。

相手に対してエネルギーを注ぐことはとてもパワーのいることで、本当は面倒だし疲れること。だいたい恐れているものは、自分の思い込みだったということが多い。ただ一方通行で相手だけがエネルギーを消耗してしまうような力関係にならないように、私はもっと自立しないといけないね。相手と本気でぶつかることが出来たなら、きっとそれは自分にとっての自信に繋がるはず。

テーブルの前にノートとペンを広げて、窓越しに揺れる緑を見ながら文を書く時間が好きだ。今朝は外が曇っていて暗かった。まるで寒い冬に逆戻りしたみたいで、ロウソクの火も心なしかいつもより赤く見えた。

職業柄なかなか難しい部分もあるけど、最近iPhoneやPC等のデジタル機器から少しだけ距離を取る生活にしたところ、すこぶる調子が良くなった。まるで美術館のロッカーに荷物を全て預けるように。こうすることで初めて自分の為の自由な時間を手に入れる事が出来るので、本来自分が持っている想像力や表現を信じてあげるために時には必要なことでもあるように思う。

「今、私は何を感じているのか」。1秒1秒、溶けて色薄らいでいく感情を忘れないように、ことばを綴る。人は、一番向き合いたくないと思うことに自分の使命が詰まっている。また同じような痛みを経験してしまわないよう、感情ひとつひとつに目を向ける。意識のひとつひとつに目を向ける。

私は、私と離れる為ではなく、もっと、もっと近づきたい。そうすれば、きっと大切な人との心の距離ももっと近くなると信じている。

自然の声を聞いてみよう。静かなまま、木葉が揺れて、水が流れることはない。感情も同じ。心の声を聞いてみよう。

5月29日金曜日、ベルリン在住アーティストの菅原圭輔による11分間のアート映像作品「Raum」のオンライン上映会が行われ、本日、彼のウェブサイトより一般公開された。

【外部リンク】Keisuke Sugawara Web

【外部リンク】Keisuke Sugawara Webpage

前回、第一弾として「Raum」について幾つかテーマを抜粋したプロローグを執筆させてもらった。

【外部リンク】Raum – 余白と”余韻”に人は何を想うのか – 第一弾:前編(プロローグ)

今回第二弾ということで、本作上映後、特典映像として携わった時のアフタートーク全文と、本編についてのレビュー&考察について話していきたい。

まずは、菅原圭輔とのアフタートークの様子を紹介。


Raum in Conversation

Keisuke Sugawara × MOLS

ー まず、「Raum」という名前の由来とは?

Keisuke : 「Raum」はドイツ語で「部屋(room)」という意味で、閉ざされた空間やスペースを人の心の中とイメージして制作したんだけど、なんかその限られた空間の中にいる一人の人物にフォーカスをあてたくて。だからこの題材でフィルムを制作しようとした時に、自然とこの名前が浮かんだんだよね。英語でも日本語でもなく、ドイツ語の響きや表現がぴったりだと思ったからかな。

Keisukeが作品を作るうえで、どのような場面からインスピレーションを受け、それをどのようにして作品に落とし込む?

Keisuke : 割と自分の体験に基づいて印象に残っている風景や経験が沢山自分の中に残っていて、一つの作品を作るときに、その引き出しの中から摘んでイマジネーションを膨らましていったり、その物事から派生する物語と結びつけたりするかな。

例えば今回の作品でいうと、真っ白な部屋という風景と、一人の女性が椅子に座っている風景を頭の中でイメージを結びつけたりして、時にその情景に近い記憶をコラージュしながら作り上げていったな。ぼんやりある風景に対して、なんかこの小説の雰囲気が僕が見たあの風景と似てるとか、この音楽が頭の中にあるイメージにぴったりとはまるとか。元は多分その輪郭がぼやけたイメージや感情とかからインスピレーションを膨らましているね。

本作のキャスティングについて、神嶋 里花さんを主演として迎えた理由は?また、普段作品を作るうえで人選に拘りはある?

今回に関してで言えば、作品の登場人物に対して既に自分の中でイメージがあって、表情や話し方、彼女自身が持つオーラが作風とマッチした、ということが一番の決めてだったよ。彼女からは、少しあどけなさも感じられつつ大人の女性のような魅力も感じられて、理想通りの女優さんが見つかったと思った。

なんか、僕は人の”目”が凄い好きで、ちょっ話が逸れると、ベルリン・アレキサンダープラッツ駅付近にある「ALEXA」に、眼球の写真を撮ってくれる場所があるのは知ってる?

そんなサービスがあるの?! それは個人的にも知りたい…

そうそう、本当に眼球だけを撮影するんだよ。しかもA1サイズくらいに引き伸ばして印刷してくれるらしい。それが凄く気になっててね。自分の目の写真が部屋に飾られているのは少し気持ち悪いなと思うけど(笑)。

人の目には沢山の情報があると思っていて人種によっても眼の色は様々。黒や茶色、それから青や緑。ここベルリンに住んでいると、様々な人種の人たちが暮らしているから、特徴のある目を見るとスーッと引き込まれるというか。今作の撮影の中で特に面白かったのは、主演の里花さんに目を閉じてもらって、開く瞬間に黒眼の部分が一瞬ピントを合わせる為に開くんだけど、その瞬間って肉眼ではなかなか確認できないし、カメラ越しでハッキリと見えた時は凄く引き込まれたな。

映像作品を作るなかで「音楽」は密接な関係にあると思うけど、今回楽曲として選んだMakoto Sakamotoさんの「Yoin」を選んだ理由は?

2019年8月にMakoto Sakamotoさんの「Reflection」というアルバムがリリースされたという連絡があって、聴いてみたのがキッカケだったかな。全体を通して自分の好きなアンビエントでどこかドロッとした印象を感じて、アルバムを通して大好きで。その時から「Yoin」というタイトルが頭に残っていて、ピアノの音が反復されていく様や、序盤は静かに始まって、空間に溶け込んでいって、7分間の楽曲だけどその後もずーっとその場の空間を支配するというか。展開の少ないメロディーだけど、今作と凄くマッチするなと思えるような、運命的な出会いだったんだよね。

この作品には「ゆっくり、だけど確実にー」という一つのテーマがあって、作品説明にも載せてるんだけど、視覚的には淡々としなながらも、得体の知れない何かに動かされるような不穏さや違和感のようなものを感じたり、その”不穏さ”がこの楽曲と重なる部分を感じたかな。個人的には映像とあてはめた時にどちらも潰しあっていなくて、映像が楽曲のイメージを壊すことも無ければ、その逆も無く、絶妙なバランスでリンク出来たかなとは、編集を終えて通しで見た時にそう思ったな。あとは、単純にこの曲が好きだからかな(笑)。

最後に、今後も映像作品を作っていきたい?

映像は今後も撮っていきたいなと思ってる。やっぱり舞台って空間が決まっているし、シーンを切り替えたくても「暗転」って言って照明を暗くして展開をもたせるくらいしか方法がないんだけど、映像って急に違う場面に飛んだり、時空を自由に操れるから面白いなと思うかな。

今後映像作品を作っていくという工程は、今まで自分がやってきた活動と離れていないなと感じるから続けていきたいなと思うし、あまりフィルムという部分だけに拘らず、映像作品は撮りたいな。もっと日常に寄り添った作品や、台本があって、今作よりも長いストーリーも撮っていきたい。その前に、ベルリンの街並みや風景を記録していきたいな。そういうミニアルなものは定期的にシリーズ化していって、「Raum」のようなストーリーのある作品も今後はチャレンジしていきたいと思っているよ。



ここからは、筆者による「Raum」のレビューと個人的な考察を話していきたい。

まず、全編を通して非常にシンプルでありながら、なぜ真っ白な部屋に一人女性が椅子に腰をかけているのか、一体誰に話しかけているのか、全貌が全く掴めないまま物語は進んでいく。

冒頭、彼女が話す会話の中で分かったことは、季節である。

彼女に対して「こんな朝には太陽があなたを祝福しているんだよ」と声をかける複数の人々。それに対して、彼女は少し微笑んだ後、冷めた様子で「あんな季節のあとには、みんな陽気になるみたい」と呟いた。”あんな季節”とは、冬のことだろうと、その時すぐに理解した。ドイツの冬は、街も人も暗く陰鬱な雰囲気で、空は全体的にグレー色。寒さは感覚を鋭くする。素足で踏み込む廊下の冷たさ、かじかむ指先や鼻先に意識を向けると、ドクドクと血が脈打つのを感じる。

春が「社交の芸術」ならば、冬は「孤独の芸術」と言えるだろう。冬になると感覚が冴え、他者との社交的な対話ではなく、自分の頭の中と対話がしたくなる。

監督の菅原も、そんなドイツの長く冷たい静かな冬が大好きで、また作中の彼女も「物思いに耽るのが好き」という発言からして、きっと冬が好きなのだろう。

空想の中では好きな色や好きな景色を見ることが出来る彼女。しかし、冬が去り春が訪れた今、鮮やかな草花の緑や、眩しいほどの強烈な空の青を彼女の心は受け入れない。

ある一日の様子を淡々と話す彼女。物語の中盤、彼女が”彼”と呼ぶもう一人の人物が登場する。

”彼”は突然やってくるらしい。

そんな我が儘で自分勝手だけど、それを呆れながらも愛おしく話す彼女は、まるで子をあやす母親のように見えた。背後にいる彼がゆっくりと歩きだすと、だんだんと彼女の言動に違和感を感じ始め、彼女の思考と言動のちぐはぐが繊細で緊迫した空気を作り出す。それは決定的瞬間のスーパースロー映像のように、事態はゆっくりと、確実に忍び寄ってくる。

私は、彼女の中に存在する”彼”は二人いるように感じた。

まず、彼女の話に登場する”彼”とは、もう一人の自分自身であり、自身の中にインナーチャイルドな側面を表現しているように思えた。

インナーチャイルドとは直訳すれば「内なる子供」と訳されるが、具体的には子供時代の頃の記憶や心情、感傷の事を指す。 私たちが子供時代に経験した出来事が、大人になり自身に多くの影響を与えていることはご存知だろうか?

彼女の中に潜む”彼”とは、非力で繊細だったある日の苦しい記憶であり、彼女の中で決して無視できない猟奇的な存在であり、性別を敢えて同性に例えるのでなく、分かり合うことが難しい異性として例えたのではないかと思った。

過去を許し、受け入れ手放さない限り、”彼”に対する歪んだ執着を手放すことは出来ない。彼女の言動の矛盾や違和感は、そんな縛られた心の葛藤のようだった。

そして、もう一人の”彼”の存在は彼女が話す目線の先にいる。

後半、電話をかけるシーンに登場する”彼”は、彼女の過去から現在まで全てを知っている彼女にとっての”先生(ヒーラー)”のような人物なのではないかと思った。

作中で昨日と今日を往来する日々を送る彼女は、目の前にいる”彼”に向かって、時折、幼い少女のような承認欲求を露わにする。

「ねぇ、そう思うでしょう?」

そう聞き返す彼女は、どこかで自分の存在を確認しているようにも感じた。

”余白”と”余韻”。

それは痛いと分かっていながらも触れたくなるような”ささくれ”のようなもの。懐かしいとさえ感じ、縋っていたくなる郷愁のようなもの。この先の展開に期待と不安が入り混ざる、映画でいうエンドロールのようなもの。人は、苦しくも愛おしい時間が永遠に続けばいいのにと、そう思う反面、人は、何事にも終末があるからこそ余白と余韻に触れることが出来るということを知っている。


この作品はサブタイトルにもあるように、上手く余白を用いて制作したアートフィルムであり、処女作とは思えない洗練された菅原のセンスに感服した。個人的には、本作の主人公である彼女の過去をもっと深掘りした物語を見てみたかったり、彼女と”彼”が対面し、お互い語り合う物語も見てみたいと思った。


タイトル:Raum
キャスト:
Rika Kashima http://www.anore.co.jp/rika_kashima/

Keisuke Sugawara https://www.keisuke-sugawara.com/

スタッフ:
演出・監督 – Keisuke Sugawara
助監督・編集 – Miho Yajima
撮影 – 平野 理大 (Rio Hirano)
ヘアスタイリング – やまこし みか (Mika Yamakoshi)
メイク – Moe Takemoto
テクニカル・サポート – 吉田 爽 (Sou Yoshida)
文 | 字幕 – Keisuke Sugawara
字幕アシスタント – Yui Tamura

音楽:
Makoto Sakamoto MAKOTO SAKAMOTO “Yoin” from Reflection
https://makotosakamoto.bandcamp.com

Streaming event supported by:
EU・ジャパンフェスト日本委員会#KeepGoingTOGETHER Project
– MOLS magazine
https://molsmagazine.com

4月、ベルリンで活動するアーティスト・菅原圭輔が初の演出・監督を勤めたショートフィルム「Raum」がようやく完成したと、本人から連絡があった。

1月、コンテンポラリーダンスを中心としたジャパンツアーを控えていた彼が、もう一つの大きなプロジェクトとして新たにショートフィルムを制作するという話は、2019年の時点から聞いていた。

Christina Dyekjærと一緒に主催する ”mellem to” プロジェクトで彼と出会って以降、彼の作品からは「生きるということ」そのものを問い、何度も反復して投げかけてくるほど強烈なメッセージを感じていた。何故なら彼自身、その意味の原型について深く知り尽くしていて、また、多くの人がその問いについてあまりに悲観的すぎることも知っているのであろう。

公開まであと三日、今回は二部構成にわたって、彼が手掛けた「Raum」について紹介・レビューしていきたい。第一弾は、「白い部屋」と主人公の「心理」にまつわるプロローグについて。


「Raum」という名前はドイツ語で「部屋」を意味し、作中に出てくる真っ白な部屋に、女性が一人椅子に腰掛けているシーンから始まる。彼女の身に纏うワンピースのセンスと対比して、瞳はどこかあどけなく、ちょうど少女と大人の間(はざま)にいるように感じた。

シンプルで飾り気のない退屈な部屋に腰掛ける彼女の表情はどこか不自然で、会話の中に出てくる街中の風景や人々に対してどこか冷めた印象だった。

作中、彼女は、淡々と目の前にいる”誰か”に最近あった出来事を話す。内容は至ってなんでもない日常のようにも感じるが、真っ白な部屋が、まるで彼女の世界から色というものを消し去ってしまったかのように見えた。

もし、世界から色が消えてしまったら。色の持つ感情への作用は強い。

朝、目が覚めた時に見る日差しが外で見るよりもずっと柔らかい琥珀色だということや、長い冬を終えたあとの新緑が、想像していたよりもうんとみずみずしい萌木色であることを教えてくれる。色というのは、ただ単に物質の特長を捉えるだけでなく、温度や触感までもイマジネーションさせる。

色を無くしてしまった時、私たちはただ、背後からゆっくりと忍び寄るなにかに怯え、昨日と今日を往来するだけの日々を過ごしてしまうのかもしれない。そう、彼女が話す風景の中には色彩が感じられなかった。

彼の舞台作品「mellem to」に同じく、今回の作品の登場人物に共通している心理課題はリフレクションにある。

リフレクションとは、簡単に言えば、ある経験をピックアップし客観的に経験を振り返ることを意味している。例えば、過去の失敗を振り返るときに、自分を責めたり他人のせいにしたりしていると、適切な学びを得ることができないように、冷静に客観性を持って振り返ってこそ、成長につなげることができる。リフレクションにおいて最も大切なことは、過去からの教訓を得て、次なる実践に活かすことだ。

ただ、作中の彼女にはそれがまだ明確に見えていないように思える。命(生)が有限であるという事実を知っていながらも、決して自身の思惑になぞらない出来事に、私たちは時として困惑し、無意識に思考と言動に矛盾した行動を取ることがあるのだ。

中盤に差し掛かり、だんだんと彼女の言動に違和感を感じ始めたとき、彼女が”あなた”と呼ぶ、花瓶を持った男性が登場する。彼女の思考と言動のちぐはぐが繊細で緊迫した空気を作り出し、事態はゆっくりと、でも着実に忍び寄ってくるー


今作で最も印象に残ったシーンは、クローズアップされた女性の瞳だった。

コンテンポラリーダンスを中心に劇場をメーンとしていた彼にとって、これまでは舞台全体の構図を熟知し、演者の躍動と観客のリアクションでその場のグルーヴ感を創り上げることが重要になっていたものが、今回は決められた画角の中でどのようにして躍動を伝えればいいのかを考えるのが楽しかったと言う。

主人公の言動とは裏腹に、うつろぐ眼や落ち着きのない手元をカットに取り入れることによって、彼女の奥深い過去と観客の深層心理を抉る不穏な空気感がそこには生まれていた。

また、今作で重要なエッセンスとなった音楽について、サウンドアーティスト・坂本真の楽曲「Yoin」が、作品と絶妙にリンクしていた。ショートフィルムの楽曲の多くは、風景の変化や物語の進行に合わせて曲調が変化することで躍動を与えるが、この楽曲は、目の前で起こる容赦ない出来事を抑揚ではなく僅かに針が振れる程度で変化をもたらしている。映像と音楽は、非常に重要で密接な関係にあるということを改めて認識させられた瞬間だった。「Yoin」が収録されている彼のアルバム「Reflection」については、以前考察レビューをアップしているので、そちらも是非チェックしてほしい。

【外部リンク】MAKOTO SAKAMOTO – Reflection 考察


【外部リンク】Keisuke Sugawara Website(画像をクリック)

「余白と”余韻”に人は何を想うのか。」このメッセージは、彼が創り出す全ての作品において、永遠のテーマでもあるように思う。

全編については、2日後の5月29日(金)に公開される彼のホームページから是非チェックしてほしい。

第二弾は「Raum」公開後に更新予定!!


菅原圭輔が初の演出・監督を勤めた本作は、キャストに神嶋里花、音楽に Makoto Sakamotoをむかえ、ある女性のモノローグ、その目線の先に見ているものに焦点を当てた11分間の短編アート作品である。

余白と”余韻”に人は何を想うのか。

*本ストリーミングは本編と特典映像を合わせた限定公開。

——————————————

タイトル:Raum
キャスト:
Rika Kashima http://www.anore.co.jp/rika_kashima/

Keisuke Sugawara https://www.keisuke-sugawara.com/

スタッフ:
演出・監督 – Keisuke Sugawara
助監督・編集 – Miho Yajima
撮影 – 平野 理大 (Rio Hirano)
ヘアスタイリング – やまこし みか (Mika Yamakoshi)
メイク – Moe Takemoto
テクニカル・サポート – 吉田 爽 (Sou Yoshida)
文 | 字幕 – Keisuke Sugawara
字幕アシスタント – Yui Tamura

音楽:
Makoto Sakamoto MAKOTO SAKAMOTO “Yoin” from Reflection
https://makotosakamoto.bandcamp.com

Streaming event supported by:
EU・ジャパンフェスト日本委員会#KeepGoingTOGETHER Project
– MOLS magazine
https://molsmagazine.com


コロナウイルスによる自粛期間の間に右耳のピアスの穴が完全に閉じてしまったので、通販でニードルを購入。すっかり身綺麗にすることを怠ってしまった代償だ。また、4月に控えていたビザ更新に関しても未だ外人局からの連絡を待っている状態のため、なんだか気持ちは宙ぶらりん、といった感じ。

歩みが遅いながらも、この期間中でYouTubeチャンネル、ラジオ番組の開設、またMOLS.incとして紙媒体のみでなく、ウェブにも力を入れようとドメイン開設をしたり、なんとか形になったようにも感じる。また、東京でライブストリーミングを定期的に開催している映像関係の友人と、同時刻でライブ配信が出来るコンテンツを計画中。また、個人的に映像制作の依頼も頂いたり、文筆ではなく、最近は裏方の仕事が多くなってきている。改めて、文章は毎日書き続けないと力がついてこないと実感したので、また、自分でアーティストにアポイントメントを取っていかなければなと思う。

最近はDark Jazzがお気に入り。たまに自分が制作した映像と合わせて聴くのが楽しい。